ロボット科学教育|クレファス高槻校

ロボット科学教育クレファス高槻
 072-672-6266

コース

『プログラミング』だけじゃない!『ロボット作り』で終わらない!『科学を学ぶ』から強くなるロボット教育科学!

crefus_image_04.jpg

Crefus高槻校で使用する教材及びカリキュラムの開発においては、早稲田大学理工学術院の高西淳夫教授がアドバイザーを務めます。

⇒新小学1~2年生は『Kicks(キックス)ジュニアエリート』各コース

⇒小学3~6年生は『Crefus(クレファス)』各コース

 

 Kicks ジュニアエリート 

単に知識を詰め込むのではなく、子供が実際に自分の手を使って試行錯誤を繰り返し「ものをつくる」ハンズオン教育。
私たちが提案する教育のキーワードは、子供の自由な「想像力」(Kid's Imagination)、そしてそれを具体化するための「創造力」(Creativity)と「科学の知識」(Knowledge of Science)。
ハード:原理・原則、算数領域(アーリーマス)
ソフト:論理的思考(ロジカルシンキング)
プレゼンテーション:表現力、創造(クリエイティブ)
上記3つを柱として学ぶ中で、問題解決(PDCA)のサイクルを身につけます。新時代が求める、個性豊かで創造力あふれる人材育成を私たちは目指します。

 

小学1年◇STANDARD スタンダード 
standard.jpg

科学の知識 
[計測と記録] 長さ/重さ/時間の単位について学びます。たとえば重さの場合、製作した天秤で重さを量る/比べる中で、原理・原則について実体験を通して理解し、学びます。

 想像力・創造力 
[身近な物の動きの仕組み] 正確にモデルを作るための手順について学びます。 身の回りの様々な事象を科学的な視点で捉え、算数や図形の基礎を学びます。ギア・カム・滑車など、動かす仕組みの考え方と使い方を学びます。

 論理的な考え方 
[プログラミング] PC基本操作と、プログラミングの基本的な考え方やセンサーの使い方を学びます。プログラムで動きを確認する事で、順序だてて考えられるようになります。

 コミュニケーション力 
[表現力/観察力] 自分自身のモデルについての工夫や感想をまとめ、伝えます。相手の立場に立ち、相手のモデルの良さ/改良点を見つけ、伝えられるようになっていきます。

 

小学2年◇ADVANCE スタンダード 

advance.jpg

科学の知識 
[予測・実績・分析] いろいろな実験を通し、数値化し、記録することで、物事を比較する力を身につけます。たとえばコマとギアのしくみを通して、対称形や比率が及ぼす効果について因果関係を考えます。

 想像力・創造力 
[視野の拡大とモデルの改良] 生物・宇宙など多岐に渡るテーマについて学びながら、動かす仕組みの理解を深めます。てこの原理や、図形の性質、座標の考え方の基礎を学ぶ事で、想像した物を創造出来る素地を作ります。

 論理的な考え方 
[問題解決に挑戦] プログラミングやセンサーに対する理解を深め、思考を実現していきます。制限時間内に問題点を整理し、解決のための作戦を考えることで、判断力や論理的思考力が育ちます。

 コミュニケーション力 
[ポジティブシンキング] 自己と他者、グループへの理解を深めます。お互いのモデルを見比べ話し合う中で、前向きに伝え、受け止める事が出来る/話し合いやすい雰囲気を作る事の大事さを学びます。

 

 

 Crefus クレファスコース 

「ロボット」を題材としたものづくりを通して、自然に無理なくメカニズムの基礎学習、プログラミングの基本、ものづくりに必要な算数、物理、電気の基礎について身につくように学習します。ロボット競技会を通して学習成果の発表を行います。

 

小学3年生◇BRONZE ブロンズ

bronze.jpg

最終的にはライントレースをしながら相撲をするロボットの製作を行います。
その過程においてメカニズムの基礎、PC基本操作、入門プログラム、プレゼンテーションの仕方などを学習します。また、集中して一つのものを作り上げることや、もの作りを通してアイディアを表現することを学びます。

学習領域 
• 図形の性質 • 表や棒グラフ • 滑車と輪軸 • テコのつりあい • 電気の通り道とそ の利用

 習得領域 
• 掛け算 • 割り算 • 表とグラフ • 資料の分類と整理 • 長さ/重さ/かさの単位 • 計器による測定

 主なカリキュラム 
PCの基本操作/線のつなぎ方とロボットの動き/ギアの組合せと速さ/ ベルト駆動の特性を調べる/ロボットのプログラミング/速度計測と表やグラフの作成/ タッチセンサーの働き/ロボット制御/ギアダウンロボットの製作/カラーセンサーの働き/ カラーセンサーを使ったプログラミング/プログラムのループ/プログラムの保存/ ライントレースの考え方/競技用ロボットの製作/Crefus Cupでの競技会と発表会

 

小学4年生◇SILVER シルバー

silver.jpg

様々なセンサーを使用して、迷路を脱出するロボットの製作を行います。その過程でロボット製作に必要なメカニズム、センサーやモーターの制御方法、初級プログラミングなどを学習します。
また、プログラミング活動を通じて論理的に考える力を養い、発表会を通じてプレゼンテーション手法を学習します。

学習領域 
• 速さと比 • 小数と分数の計算 • 条件を整理する問題 • テコの規則性 • 電気の働き

 習得領域 
• 整数の加減乗除 • 条件を整理して 考える課題 • 時間と速さの総合課題 • 場合分けの総合課題

 主なカリキュラム 
シンプルロボットの製作/PCの基本操作/初級プログラミング/信地回転と超信地回転/ 無限ループの概念/タッチセンサーの働き/センサー応用のプログラミング/カラーセン サーのプログラミング/計測した数値を表にまとめる/ライントレースするロボットの製作 /超音波センサーの働き/回転運動を往復運動に変える仕組み/迷路脱出ロボットの製作 とプログラミング/プレゼンテーションの作成/Crefus Cupでの競技会と発表会

 

小学5・6年生◇GOLD ゴールド

gold.jpg

フォワードとキーパーの2種類の自律したサッカーロボットの製作を行います。サッカー競技を通じて、サッカーロボットに必要なメカニズム、中級プログラミング、プレゼンテーション手法などを学習します。
理数的な知識と思考力を統合して、より高度なプログラミング活動を通じて論理的に考える力を養います。

学習領域 
• 図形の性質 • 測定値の平均 • 表や折れ線グラフ • 樹形図と組み合わせ • 場合の数 • 等号と不等号

 習得領域 
• 整数の加減乗除 • 条件を整理して 考える課題 • 時間と速さの総合課題 • 場合分けの総合課題 • 計器による測定

 主なカリキュラム 
PCの基本操作/ローマ字学習/中級プログラミング/タイマー制御/無限ループの概念 /条件分岐のプログラミング/フォワードロボットの製作とプログラミング/2つの条件分 岐を使ったプログラム/3つ目(タッチセンサー)の条件分岐プログラム/フォワードロボットの製作/同一車軸を使ったキーパーロボット/角度センサーのプログラミング/キーパー ロボットの製作/Crefus Cupに挑戦するサッカーロボット(フォワードとキーパー)の製作と プログラミング/プレゼンテーションの作成/Crefus Cupの競技会と発表会

2018.12.19 Wednesday