新着情報

2017 / 01 / 31  09:55

クレファスが選ばれる理由③『生きた学び』があるから

2020年日本の教育界が大きく転換期を迎えます。

センター試験廃止!プログラミング教育スタート!

~親の時代を引きずった教育では取り残される?!~

 

文科省が数年前から何度も検討を重ねた結果、2020年に日本の教育方針が大きく変更されることになりました。『教育革命』です。現在の中学生以下の世代は、親が受験していた時代とは全く別の方法で進学進路が決まる制度になります。

 

センター試験廃止、プログラミング教育導入とはどういうことでしょうか?

一言で言うと、机上の学習だけでは十分に評価されなくなるということです。

fba7caea91b5e3a64490c682b4d1f532_s.jpg

▲親の時代のような勉強方法では大学に入れなくなる?!

 

従来の暗記型学習(何かを覚え、それを繰り返すこと)は脳科学で立証されるように、脳の地盤作りにとって効果的で良いものです。ただ、2020年からはこの暗記型学習はそのまま評価にならないということは覚えておいてください。

 

なぜなら、教育改革では【机上の賢者】より世界と対等に渡り合える【社会の賢者】を育てることが目標だからです。なので、繰り返しの問題が決まったように解ける、いわゆる暗記型学習では絶対的評価につながらない制度になります。言い換えれば、暗記が出来て、繰り返し問題を解くだけでは、今までのようにいい学校に入ることができなくなるということです。子どものうちから手と心を動かして学んだことを社会に反映させる能力を身につけることが教育改革で求められています。この、手と心を動かす学習方法を『アクティブラーニング(生きた学び)』と言います。

 

Crefusクレファスが14年前から提唱しているロボットプログラミングを通じた

『アクティブラーニング』が2020年教育改革では国の推し進める学習方法になります!

crefus.jpg

先日、各行政の教育委員会、教育長が集い開催された日本の新しい教育要領の勉強会。ここで発表された『アクティブラーニングを学校に導入すること』という国からの指導は、いわゆるプログラミング教育の重要性を示唆します。

文科省が小中教育でプログラミング教育が必修化と発表してから、全くアクティブラーニングを理解していない単なる「ロボット教室」「プログラミング教室」が爆発的に増加しましたが、これでは意味がありません。文科省が言っているプログラミング教育とはプロのロボットクリエーターを育てることでもなければ、プロのプログラマーを育てることでもありません。がり勉になって塾や家の中に閉じこもるのではなく、子どもたちに部屋の中から飛び出して社会の現実を知り、社会の役に立つような生きた学びをしてほしいということなのです。例えば、環境問題であれば、Crefusクレファスの子どもたちは実際に行政の窓口へ出かけインタビューしたり、ごみ処理場を見学に行ったり、子どもの好奇心と学びは教室の中だけではとどまりません。

 

d299ab25ad4d5845274ea33eb977ef21_s.jpg

文科省の発表したアクティブラーニングこそ、14年前からCrefusクレファスが提唱した『アクティブラーニング』そのものなのです。アクティブラーニングとは、まさに社会に貢献し続けている科学の世界と同じ考え方のサイクルを持っています。『見通し』→『製作』→『実験』→『評価』→『発表』という基本学習サイクルです。これも面白いことに、14年前Crefusクレファスが広めはじめた学習サイクルとピタリと一致しています。これから人間が生きていく環境にますます欠かせなくなってきているロボット。ロボットを使う側・作る側の人材になるためにCrefusクレファスでは世界50,000以上の教育機関で使用される世界基準のロボット制作キットEV3(教育版)を使用し、科学学習を学ぶ『アクティブラーニング』を行っています。

active_learning.png 

アクティブラーニングとは「学ぶことと社会とのつながりを意識した教育」であり、「子どもたちがそうした教育のプロセスを通じて、基礎的な知識・技能を習得するとともに、実社会や実生活の中でそれらを活用しながら、自ら課題を発見し、その解決に向けて主体的・協働的に探究し、学びの成果等を表現し、更に実践に生かしていけるような人に育成する」という考えです。

単なるロボットやプログラミングをパフォーマンスにし、一見ロボット・プログラミング教育に見えるものではお金を出して習う意味がありません。『アクティブラーニング』を提唱するCrefusクレファスでは、社会があり他者がいて自分がいるという学習基盤があります。日本で最も古いロボット科学教室だから出来るロボットを通じた最も効果的な科学教育を可能とする環境で、子ども一人一人が自ら出来ることを模索し、試し、研究し、発表できる科学教室なのです。だからこそ『アクティブラーニング』と表裏一体の『プログラミング教育』がまさに生きた学習となるのです。

Crefusクレファスの創設者・鴨志田氏が世界のトップロボット工学博士・教授陣と共に、日本の子どもたちのため14年前に提唱した『アクティブラーニング』。今、2020年を目指し日本中で開花しようとしています。ロボット科学教育として最も歴史・実績ともにあるCrefusクレファスから巣立った約1万人の教え子たちが今度は社会人となり、2020年に教育界でロボット界でプログラミング界で活躍し、『アクティブラーニング』を教える側になっていることを大変誇りに思います。

FLL-1.jpg

▲世界に強いパイプを持つロボット科学教育機関Crefusクレファスだから出来る様々なアクティブラーニング!

さあ!2020年教育改革はすぐ目の前!これからの時代を生き抜くためにCrefusクレファスで『生きた学び』をしてみませんか!

 

2017 / 01 / 25  14:08

クレファスが選ばれる理由②世界に通じる3つの理由

文科省が発表した2020年小・中学校プログラミング教育必修化。

教育関係者・保護者の皆さん、文科省のいう『プログラミング教育』とは何かをご存知でしょうか?

 

文科省の発表によって、ここ2,3年で全国にまるで流行かのように「ロボット教室」「プログラミング教室」が急増しました。

しかし、他教室の中身を見てみると、ある教室は「安さ」を謳い、ある教室は「ロボット教室」を謳い、ある教室は「プログラミング教室」を謳うといった調子で、

明らかに文科省の目的に定める世界に通じる『プログラミング教育』としての機能を果たすものではありません。

 

文科省が掲げるように、官民一体となった【ロボット科学教育機関】を通じて世界に通用する人材を育てなければ、こらから先進国の中で最も少子化が進む日本は生き残ることは出来ません。

単なるロボットを作った気になる「ロボット教室」、プログラミングをしている気になる「プログラミング教室」では全く意味がないのです。

 

クレファスは、前回の記事 『クレファスが選ばれる理由①子どもたちを取り巻くAI(人工知能)の進化』 でも触れたように、博士・教授陣も世界トップレベルを誇る唯一無二の【ロボット科学教育】教室です。

【ロボット科学教育】教室として最も歴史・受賞歴があり、すでに卒業生は1万人以上。多くの理系大学・理工系企業に人材を輩出しています。

 

これから子どもたちは世界で通用するかが問われる時代を生き抜いていかなければいけない世代です。

プログラミング教育も世界レベルであるべきなのです。

 

世界に目を向ければ、日本トップの東大でさえ34位(昨年39位)、京大は37位(昨年91位)と日本勢の惨敗です。日本の大学は世界大学ランキングでいまだに10位以内に入れません。

東大・京大が世界大学ランキングで上位に入れない要因は【世界に通用しないから】と海外メディアは報じています。

留学生が増えない、留学生を受け入れない、世界レベルの教育になっていない。痛烈な批判が先進国であるはずの日本のトップ大学に浴びせられています。

文科省がそれらを打破するため、これからの人材育成の一環としてようやく打ち出した『プログラミング教育』は世界レベルでなければ意味をなさないのです。

 

日本の中だけに通用するロボットを作っていても意味がありません。

日本の中だけで有名なクリエーターから教わっても意味がありません。

日本の中だけで本物の『プログラミング教育』は出来ないのです。

 

今から14年前。クレファスは日本で誰も『ロボット科学教育』に耳を貸さない時代に誕生しました。

クレファスは、海外の最先端IT現場やトップ教育機関と強いパイプを持ち、世界の教育現場で使用されるロボット教材『レゴ®マインドストーム®EV3教育版』を導入した日本初の教育機関です。

(⇒クレファスが誇る世界レベルの博士・教師陣についてはコチラの記事をご参照ください)

最近のブームに乗り、クレファスを模倣して『レゴ®マインドストーム®EV3教育版』を使う教室はありますが、では何故、他教室からクレファスに転入希望者が後を絶たないのでしょうか?

それは、クレファスには、他教室が決して真似できないロボット・プログラミング教育の歴史ロボコン出場&受賞数の実績の違い世界基準のカリキュラムがあるからです。

 

北摂にクレファスが出来ると知り、枚方市・茨木市・京都府からも高槻校に来校される教育熱心なご家庭に、クレファスに入学した決め手をたずねると、

「もともとロボット科学を習わせるならクレファスと決めていたから」

「良く調べたらクレファスがロボット科学教育の中でトップだったから」

「クレファスのカリキュラムがやはり一番よかったから」というご意見がほとんどです。

中には「体験に来たら先生が優しくて安心したから」というあたたかなご意見もいただきました。(照れますね。ありがとうございます。)

クレファスが選ばれる理由は、やはり他教室にはありえない強力な世界へ通じる扉があることです。

 

 クレファスが世界に通じる3つの理由をまとめておきます。

 

①世界大学ランキング第1位(2016-2017年版)マサチューセッツ工科大学とレゴ®社の共同開発ロボットプログラミング教材が個人で購入&使用できる!

※これは、一般には知られていませんがホビー版ではなく教育版が個人購入できること自体が認められた教育機関でしか出来ないことで、これ自体が『差』なのですよ!

最近できたなんちゃってロボット教室ほど「教材は購入しないで済みますよ」「ここでは安いオリジナルのロボットキットを使います」とあたかもいいことのように宣伝するのは、このためです。

ロボットキットはオリジナルではだめです。その教室を一歩出たら全く通用しません。

(ピアノを買わないといくらピアノを習っても上達しませんし、教材を買わなくていいという教室のレベルはここにかくまでもありません)

58917.jpg

世界トップクラスの博士・教授がクレファスのために開発してくれたカリキュラムで学べる!

こんな豪華な教室は日本のどこを探してもクレファスだけです。せっかく学ぶなら世界の第一線で活躍する素晴らしい教授の元で学びませんか?

 

≪マサチューセッツ工科大学客員教授・早稲田大学理工学術院教授≫ 

高西淳夫教授

takanishi.png

世界初のフルスケール人間型ロボット「WABOT-1」を制作させ、紫綬褒章を受賞された故・加藤 一郎教授からロボット研究室を引き継ぐ二足歩行ロボットの先駆者であり、言わずと知れたロボット研究最高峰!

 

≪タフツ大学≫

クリス・ロジャース博士

cris.png

 

『レゴ®マインドストーム®EV3教育版』を使うロボット、プログラミングを習うならクレファスでなければ意味がない!なぜなら、『レゴ®マインドストーム®EV3教育版』のプログラミング環境を開発した方こそ、クレファスのアドバイザーを務めるクリス・ロジャーズ博士だからです!クレファスが最も必要な学びを最も効果的な方法で習得できる理由はクリス博士のおかげですね!

 

≪イソガワスタジオ株式会社代表、レゴ®テクニックマイスター≫

五十川 芳仁 氏

isogawa.png 51K8vWzXJtL._AC_UL320_SR256,320_.jpg

 

五十川先生を知らないレゴ®好きはいない!泣く子も黙るレゴ®テクニックマイスター五十川先生です。著書やご自身のサイトで次々にレゴ®テクニックを公開するも、誰かが真似すると同時にすぐに新しいアイデアを生み出すまさに天才です。世界中で有名で、著書は次々に英語など現地語に翻訳されています。クレファスの生徒なら先生とイベントで一緒に学ぶ機会もありますよ!

 

世界最大級ロボット競技会(FLL)に出場のチャンスがある!!

日本で世界最大級ロボット競技会FLL(ファーストレゴリーグ)に出場チャンスがある子ども向けロボット教室はクレファスだけです。なぜなら日本予選大会を開催できる権利がクレファスにしか許可されていないからです。最近、出来たばかりのロボット教室・プログラミング教室がどう頑張ってもFLLに出場できないのこのためです。他校では世界大会は視野に入れていないようです。他教室は世界大会を目指してもWRO(世界47国の参加)を目指すところですが、クレファスは約2倍の参加国を誇るFLLを目指せます。これもカリキュラムのそもそもの違いと歴史・実績の圧倒的な数の違いがあります。FLL(ファーストレゴリーグ)は世界中から80か国以上が集う歴史ある世界ロボット競技会です。世界に通じる経歴として留学・有名校進学の際、就職の際、お子様の強みとなります!

1398-1_l.jpg

▲クレファスは、巷に「ロボット教室」「プログラミング教室」がない時代から世界を見据えた科学教育を実践しています。

(産経新聞1398 200745発行)

 

どうでしたか?クレファスの世界に通じる3つの強み!

「うちはそこまで目指していない」「うちは文系でもいい」というご家庭にも、なぜクレファスが選ばれるのでしょうか?

その理由は世界レベルの【ロボット科学教育】ということです。

せっかく習うなら、いい教材で、いい教室で習わせたいと保護者の皆様が思われるからです。

 

英語だって、せっかくならネイティブの外国人教師に習いたい。

ピアノだって、せっかくならいい楽器でいい先生に習わせたい。

水泳だって、せっかくならいいフォームを身につけたい。

サッカーだって、せっかくならいい試合に出させてあげたい。

 

同じ親の気持ちです。

 

ロボット教室・プログラミング教室をお考えの保護者様に【ロボット科学教育crefusクレファス】が選ばれています。

imgres.jpg

 「学校で学んだことを一切忘れてしまったときになお残っているものそれこそ教育だ」 ~アインシュタインの言葉~

 

2017 / 01 / 19  13:31

クレファスが選ばれる理由①子どもたちを取り巻くAI(人工知能)の進化

保護者の皆さんに『AI(エー・アイ)=人工知能』についてどれくらいご存知でしょうか?

こうたずねると正しく答えることができる方はほとんどいらっしゃいません。

それもそのはず、私たち親世代(大半が昭和生まれ)には機械・コンピューター・AI(人工知能)の区別さえできていません。

ここでは少し、この三者の進化を単純にわかりやすい言葉でご説明しておき整理しておきます。

 

①機械化が進んだことだけでも、ここ数十年で社会から消えた職業・価値を失った資格は数えるだけでもキリがありません。

例えば、30年前までは自動改札機は普及しておらず、首都圏の各駅でさえ、駅員による手作業の切符切りが日常の光景でした。

その切符切りがなくなり、駅員の数も減るだけでなく、専門鋏の製造業自体もなくなりました。

一つの職業が消えると、目に見えない部分を担っていた他業種もなくなります。

アイロンに使用していた石炭・木炭業、冷凍庫に使用していた製氷業、電話に使用していた交換手などなど…現在、ご家庭で使用しているものは今の大人たちが子供の頃は想像もしていないほど機械化してきたものばかりです。

 

②コンピューター(自動計算・自動処理)が進んだことでも、数十年前の事務の現場では当たり前のように使用していたたくさんの職業や資格、道具が消えました。

私たち親が子どもの頃は学校の授業にもあった、そろばんは現在、子どもの習い事となってしまい、学校の必修科目からは消え去り、社会で使用されることはなくなってしまいました。

 

③では、聞きなれない方もまだまだ多いAI(人工知能)が進んでゆくと社会はどうなっていくでしょうか?

AI(人工知能)はすでに個人が使用しているスマホなどにも搭載され、個人の行動パターンを分析したり、ユーザーが喜ぶことをするようになっています。

皆さんのスマホやPCに使用されている検索アプリはAI(人工知能)とみなさんが会話している一番身近なケースです。

また、機械が持てないのは『感情』だけという説も最近は崩壊しつつあり、AI(人工知能)に感情の起伏・表情筋まで搭載させる開発が進んでいます。

 

AI(人工知能)が進むことで近年人に代わってロボットが導入されることであと10年間で必ずなくなる職業が世界で発表されています。

アメリカの一部の州ではすでにロボット弁護士・弁護士助手の使用が開始されています。莫大な法律・裁判例をロボットが即座に検索し、ケースにより裁くことのできるAI(人工知能)裁判官が登場するのも時間の問題と言われています。

 

世界でなぜIT教育が重要視されるかというと【子どもが大人になったとき、機械に使われる側の人間ではなく、機械を生み出し・管理し・使う側の仕事に就くため】に必要不可欠だからです。

世界中で教育現場で【IT教育】に取り組んでいる理由は、それぞれの国が自国を担う子どもたちを国際競争の場で勝ち抜かせるために必要だとわかっているからです。

 

今から30年前の日本では『英語』という科目はあっても『英会話』の重要性を理解している教師・親はごく一部でした。

当時、英会話教室に高いお金を払って子どもを通わせる親はごくごく最先端の世界情勢を知っている一部の親だけでした。

でも、今となっては科目として『英語』を机上で出来たとしても高等教育・社会では『英会話』ができなければ全くの使い物にならないことを誰でもわかっています。

 

平成の年号があと数年で変わろうとしている日本で今、全く同じことが起きています。

いち早く、子どもの将来に保証と可能性を与えるため『ロボット・プログラミング』を習わせる保護者が増え始めています。

ロボット・プログラミング教育は、日本だけでなく世界で一番重要視されている学科だからです。

その中でも、類を見ないレベルを保持しており、教育レベルの高い保護者様に選ばれ続けているのが私たちクレファスです。

crefus.jpg

レゴ®とマサチューセッツ工科大学(米)の共同開発で知られるようになり、今やどこのロボット教室・プログラミング教室でもクレファスの真似をして使用している、『WeDo2.0』や『EV3』を日本の教育界に初めて導入したのがクレファスなのです。ここ1,2年で他業種が参入したロボット教室・プログラミング教室とは全く基本が違います。

また他のロボット教室・プログラミング教室を『同業他社』としないクレファスの堂々とした校風には歴史の長さだけでなく、博士・教授の格の違いにもあります。

なぜなら、世界の権威ある博士・教授陣が直接、クレファスの子どもたちに必要なカリキュラムを組んでくださっているからです。留学せずとも世界の最先端の博士・教授の下で学べる価値はまさにプライスレス!世界レベルのアドバイザーという強い味方が子どもたちのためにクレファスだけの教材・カリキュラムを開発しサポートしてくださっています。ここではクレファスの素晴らしいアドバイザーをご紹介します。

b0188828_1384114.jpg

①EV3の専門プログラミング環境「教育版 EV3 ソフトウェア」を開発したタフツ大学・クリス・ロジャース博士もクレファスのアドバイザーのお一人です。タフツ大学は全米でも合格率17%という超難関大学でも知られ、研究機関として非常に有名です。その開発者である、タフツ大学の開発者クリス・ロジャース博士の講演は子どもに高度教育を受けさせたいならば、文系出身の親であれ、是非、一度は聞いていただきたいです。

②1973年に世界初のフルスケール人間型ロボット「WABOT-1」を制作させ、紫綬褒章を受賞された故・加藤 一郎教授からロボット研究室を引き継ぎ、日本人でありながらマサチューセッツ工科大学(米)の客員教授に就任された、二足歩行ロボットの先駆者でありロボット研究最高峰におられる早稲田大学・高西淳夫教授もクレファスのアドバイザーであられます。

③クレファスのイベントに登場するとサイン攻めにあうのは皆さんご存知の日本が世界に誇るレゴ®テクニックマイスター・五十川芳仁先生!世界中でレゴのテクニックを伝えるまさにレゴ®テクニックの伝道師です。先生の本はどんどんプレミアがついていまでは0が違うとか!クレファスの子どもたちには五十川先生から直接レッスンが受けられるイベントにも参加権があるんですよ!(毎年申込が全国から殺到します。色紙をお忘れなく!笑)

 

こんなに素晴らしいアドバイザーがカリキュラムを直接作ってくださるロボット教室・プログラミング教室は日本のどこを見てもクレファスだけ!

子どもたちを取り巻くAI(人工知能)進化はとどまることを知りません。時代遅れになる前に、早い段階から最も世界に近いクレファスで学びを開始しましょう!

4月からの本コースまだ間に合います!もちろん年度途中から入学も出来ますが、4月から心機一転、私たち親も教育に力を入れてみてはいかがでしょうか?

 

一歩進んだ教育はまず体験教室(要予約)から!お気軽にお問い合わせください。

info@cre-t.com

072-672-6266

2017 / 01 / 08  22:06

とにかく子どもが夢中になる!

新たな年を迎え、クレファス高槻校の土日はまた無料体験説明会で沢山の親子の皆様でにぎわっています!

これからはITの時代。現在も、私たち親世代の時には当たり前だった本屋さん、新聞屋さん、カメラ屋さんなど様々な業種がIT化で姿かたちを変えていっています。

2020年のプログラミング小・中学校必修化も後押ししてますますロボット科学教育の重要性は高まっていくことでしょう。

ただ、いつもクレファスのロボット科学のカリキュラムに取り組む子どもたちの姿を見ていると、世界情勢など難しい話はさておき、子ども達が夢中になって取り組む姿に胸を打たれます。

 

最近、ゲームやTV以外に、お子さんが夢中になって楽しそうに勉強に取り組む姿を見たのはいつでしょうか?

クレファスには学年の教育要項に合せた(または先取りして)算数・数学・物理など科学知識の基礎と概念を遊びながら自然に身につけてしまう魔法があります。

クレファスはお子様が「勉強は楽しい!」と思える夢と冒険に満ちた夢のロボット科学教室。

是非、お子様の世界を未来へと広げてください!

 

⇒春期プレスクールのお申込は第一次締め切り1月15日(2月開講分)

⇒春期プレスクールのお申込は第二次締め切り2月15日(3月開講分)

2017 / 01 / 05  14:08

1/15まで【新春キャンペーン】お友達と入会で3,000円OFF!

【新春キャンペーン】は1月15日まで!

 

お友達と入会⇒自分もお友達も3,000円OFF!

すでにご入会の方のご紹介でお友達が入会された場合は、

入会されている方へ2017年最初の授業時に3千円キャッシュバックいたします。

新しく入会される方はロボットキット代から3,000円を割引いたします☆

このチャンスをお見逃しなく!

bronze.jpg

必ず、お申込み時にご紹介者様のお名前をお申し出ください。

 

*適応条件・・・下記すべてに当てはまる方キャンペーン適応とさせていただきます。

(1)お友達である旨を事前に申請してください。

(2)1月15日(日)までに申込希望の旨をお申し出ください。(お電話、メール、申込書提出のいずれか)

(3)ご入会費用振り込みが最初の授業までに完了した方。

 

1 2
2018.11.22 Thursday